>>home>topics

02 接着芯の貼り方のコツ その2

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

厚手の接着芯をぴし〜〜っ!とキレイに、そして簡単に貼る方法をもうひとつご紹介します。
接着芯の貼り方のコツ その1でご紹介したバキューム式アイロン台を使っても、くっつきにくい接着芯があります。
接着芯は分厚くなればなるほど接着しにくくなります。なので、接着しやすくしてやればいいのです。
そこでおすすめなのが、“クモの巣”とも呼ばれている両面接着シートです。白い紙に薄いクモの巣状のネットのような物が貼り付いています。本当に薄いので、パッと見ただけでは「ただの白い紙」かと思ってしまいます(笑)。

まずアイロン台の上に、厚手の接着芯を貼りたい生地(写真では赤い生地)の裏面を上にして置きます。そしてその生地の上に、両面接着シートの紙面を上にして置きます。ココ重要です。必ず紙面を上にしてくださいね。そして、両面接着シートの紙の上からアイロンを押さえるようにしてあてます。

そして紙をはがすと、生地に“クモの巣”が張り付いたみたいになっています。このとき、あまりアイロンの温度が高いと紙がキレイにはがれないので、低めの方がいいように思います。そしてその後、分厚い接着芯をいつもの要領で貼ってみてください。すごく簡単に手早く、しかもはがれることなくキレイに貼れますよ♪ぜひぜひお試しください。