>>home>topics

13 持ち手をグレードアップさせましょう

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

革の裏側のことを床(トコ)、裁断した断面をコバと呼びます。床とコバに一手間加えることによって滑らかになり、耐久性も向上し、見違えるようにグレードアップします。ぜひチャレンジしてみてください。愛着がわきますよ〜。

ここで、使う道具です。
左から、革を磨くために使うガラス瓶、CMC、ヘラ付ヘリみがき、ヤスリ

1、ここではオリジナル革テープ2cm幅を使ってご説明していきます。
希望の長さにカットするだけでも、持ち手としてお使いいただけますが、コバと床に一手間加えることで、高級感が出ます。
まず希望の長さに革テープをカットします。カッターナイフで簡単に切ることが出来ます。先端の角を丸くしたい場合は、あらかじめカッターナイフでほんのわずか角を切り落としておくと作業が多少楽になります。(切り落とす量が分からない時は次の工程から進んでもOKです)

2、先端の角が滑らかになるようにヤスリをかけます。サンドペーパーでもOKです。

ワンポイントアドバイス
あまりきつくカーブをつけすぎると左右のバランスをとるのが難しくなってきます。ほんの少し角をとるだけでも、かなり優しいイメージになります。

■注意!■
CMCなどのコバ処理剤がある場合のみヤスリをかけてOKです。ヤスリをかけただけでは毛羽立ってしまい収拾がつかなくなります。

3、断面に毛羽立ちが出来てきますので、ハサミで軽くカットします。

4、ここで主役の登場です。
床やコバの処理剤は各社から色々な製品が出ていますが、今回はもっともメジャーな(と言っても、普通の人は知らない・・・笑)、CMCを使います。
CMCの特徴は経済性に優れていることと、必要以上に光沢感が出ず、自然な仕上がりが期待出来ることです。
CMCは粉末状で、水やお湯で溶かして半日ほど放置し、ゼリー状にしてから使います。

3gのCMCに対して、水かお湯200ccを加えます。70g入りの製品なので、かな〜〜〜りたくさん作ることが出来ます。出来上がるまでに半日かかりますが、一度作っておくと、3ヶ月ぐらいは保存できて便利です。あまり長く保存しておくとカビがはえたり、水っぽくなってきます。そんな時は思い切って作り直してください。
機会を見て、CMC以外の商品もご紹介したいと思います。

※製造メーカーの技術者の方の話によると10gを200ccの割合で作るとさらに効果が増すとか!?場合によってはもっと濃い割合で作ることもあるそうです。

5、私はペットボトルで作っています。3gのCMCに水かお湯を加えるのですが、私はぬるま湯を200cc加えています。加えた直後はダマダマになっていて「本当に溶けてくれるのかなぁ〜?」と不安になりますが、大丈夫です。そのまま室温で半日放置してください。ダマがなくなって、全部溶け切れば完成です。トロ〜っとしたゼリー状になっているはずです。
室温にもよると思うのですが、早ければ6時間ぐらいで使える状態になります。

6、出来上がったゼリー状のCMCを布やハケを使って、床に塗ります。たっぷり塗ってください。
写真ではハケを使っていますが、これはよそ行きです(笑)。普段は、手で塗っています・・・・。

7、同様にコバにも塗ってください。
どうしても革の表面にもはみ出してしまいますが、布で拭けば簡単にふき取れるので心配することはないと思います。

8、さっ!ここからが楽しい作業です♪
デニム地などの厚手の布やガラス板を使って磨きます。専用のガラス板も販売されていますが、牛乳瓶などの丸い瓶で十分代用できます。CMCが乾くまでに磨いてください。乾いてからでは効果がありません。
出来るだけ一方方向によ〜く磨いてください。磨けば磨くほど滑らかになります。ガラス瓶で磨いた後、さらに布で磨くなど、色々試してみてください。

9、コバは布で磨いてもいいのですが、ヘラ付ヘリみがきで磨くと、コバの角もやさしくなってより滑らかになります。革の表面にキズが付かないように、ヘラ付ヘリみがきの角度に注意してください。

ワンポイントアドバイス!
コバの角にはヤスリをかける必要はありません。ヘラ付ヘリみがきで磨くだけで、角がとれてやさしくなります。

10、先端の角もヘラ付ヘリみがきで磨きます。

11、ヘラ付ヘリみがきは、ヘラ部分が取り外せます。

12、床の磨きにも使えて便利です。またヘラの先はとがっているため、菱目打を打つ位置の目印となるラインを引くのにも使えます。

13、写真では分かりずらいと思いますが、角が取れて優しいイメージになりました。

今回は革テープを例にご説明しましたが、オリジナルDカン付やカシメタイプの持ち手の床の仕上げにも使えます。

14、磨きあがった革テープに菱目打等を使って手縫い用の穴をあけたり、スクリューポンチを使ってカシメ用の穴をあければ、立派な持ち手の出来上がりです。

これでPeachmadeも商売あがったりで〜す(笑)