検索から来られた方はぜひPeachmadeトップページからどうぞ

シェルポーチの作り方

●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、表布を裁断し、印を入れる
3、裏布、キルトわたを裁断する
4、表布にキルトわたを貼る
5、表布と裏布を縫い合わせる
6、ファスナーをつける
7、タックを取って、リボンをつける
8、端を縫う
9、縫い代の始末をする
10、表に返す

※ここではシェルポーチ(S)をご紹介しておりますが、シェルポーチ(L)も作り方は同じです。


1、パターンを切る

パターンにはすでに1cmの縫い代が含まれています。実線通りに切ります。

2、表布を裁断し、印を入れる

(1)布の上にパターンを置き、裁断します。

(2)合印にノッチ(2〜3ミリの切り込み)を入れます。入れる箇所は3箇所あります。右の写真を参考にしてください。

わの部分の合印にはしつけ糸で印を入れます。

3、裏布、キルトわたを裁断する

(1)裏布を裁断し、3箇所にノッチをいれます。

※わの部分の合印にしつけ糸で印を入れる必要はありません。

(2)キルトわたを裁断します。

ここでは片面接着キルトわたを使用していますが、接着タイプのものでなくても構いません。

4、表布にキルトわたを貼る

キルトわたの接着面を上にして置き、その上に表布を重ね合わせて、上からアイロンで接着させます。

5、表布と裏布を縫い合わせる

(1)表布と裏布を中表にして、合印をあわせます。

ポーチの口になる部分を縫います。端から1cmのところを縫います。

(2)上の5、(1)で縫ったカーブの縫い代に1.5センチ間隔で切り込みを入れます。

切り込みは縫い目から2〜3ミリ手前まで入れます。

(3)表に返し、アイロンで形を整えます。

(4)表布と裏布がずれないように両サイドにミシンをかけておきます。
端から7ミリぐらいのところにかけます。