●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、布を裁断し、印を入れる
3、キルト綿を裁断する
4、接着芯を裁断する
5、キルト綿を貼る
6、マチを作る
7、バッグ本体(表布)とマチを縫い合わせる
8、バッグ本体(裏布)と7、を縫い合わせる
9、底マチを縫う
10、タックをとる
11、口布を作る
12、持ち手をつける


1、パターンを切る

Peachmadeのパターンにはすでに縫い代が含まれています。実線通りに切ります。

2、布を裁断し、印を入れる

(1) バッグ本体は表裏各2枚、
マチは表裏各2枚、
バッグ口布は表2枚、を裁断します。

■バッグ口布・・・「わ」の部分は布を半分に折り、その折り目にそってパターンを置き裁断します。

(2) ノッチ(2〜3ミリの切込み)を入れます。パターン上に右の印がある箇所すべてに入れてください。

(3) マグネットボタンの付け位置に印をつけます。印の付け方はtopics08「トートバッグの作り方」をご参照ください

3、 キルト綿を裁断する

キルト綿はバッグ本体とマチのパターンを使ってそれぞれ2枚づつ裁断します。パターンより1〜2ミリほど小さめに裁断しておくといいでしょう(表布と貼り合せた後でもノッチを見やすくするためです)
※口布のキルト綿は要りません。

4、接着芯を裁断する

マグネットボタンを取り付ける際に布の裏面に貼る接着芯を裁断します。布を補強するために貼るだけなので、接着芯の大きさはマグネットボタンより2回り大きいぐらいで十分です。

5、キルト綿を貼る

バッグ本体(表布)とマチ(表布)にキルト綿をアイロンで貼ります。
ここで使用しているキルト綿は片面に接着剤が付いているタイプです。
接着剤が付いている面を上にして置き、その上に表布の表面を上にしておきます。
(接着剤側と表布の裏面がくっつくように)

ココで注意!必ず布側からアイロンをあててください。
キルト綿側からはアイロンをあてないでください。

片面接着のキルト綿がない場合は、表布とキルト綿が動かないように縫いとどめておくと作業がしやすいでしょう