検索から来られた方はぜひPeachmadeトップページからどうぞ

おむつポーチの作り方

●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、表布、裏布、バイアステープ、接着芯を切る
3、表布に接着芯を貼る
4、バイアステープを作る
5、内ポケットを作る
6、ファスナーをつける
7、取っ手を作る
8、取っ手を縫い付けて、ポーチを形付ける


1、パターンを切る

パターンには、すでに縫い代が含まれています。実線通りに切ります。ポーチ本体は3枚に分かれていますので、のりしろを貼り合わせます。

41cmあるか確認してください。ない場合は、縮小か拡大して印刷されています。「ズーム100%」で印刷してください。

2、表布、裏布、バイアステープ、接着芯を切る

(1)ポーチ本体の表布と裏布を各1枚ずつ、内ポケット1枚を裁断します。
ポーチ本体のパターンを使って、接着芯を1枚裁断します。
バイアステープを裁断します。

■ポーチ本体は「わ」になっています。

■バイアステープは、ファスナー部分に41cmが2本、内側の縫い代の始末に全部で90cm、そして取っ手に14cm必要です。

■バイアステープの幅はお好みでいいと思います。
私は18ミリのバイアステープメーカーを使いました。

■市販のバイアステープを使うとより簡単です。

(2)ポーチ本体の裏布のポケット付け位置にノッチ(2〜3ミリの切込み)を入れます。

3、表布に接着芯を貼る

ポーチ本体の表布の裏に、接着芯をアイロンで貼ります。

4、バイアステープを作る

アイロンでしっかりと折り目をつけます。

■市販のバイアステープを使う場合はこの作業は飛ばします。

5、内ポケットを作る

(1)アイロンでポケットの口を3つ折りにします。
底の縫い代も1cmで折っておきます。

(2)ポケットの口にミシンをかけます

(3)ポーチ本体の「ポケット付け位置」にポケット口を合わせて置き、マチ針で両サイドをとめて、底をミシンで縫います。

(4)ポケットがずれないように、両サイドを粗く縫っておきます。

※端から5ミリぐらいのところを縫います。


■ポケットはとても大きいので、お好みで真ん中にステッチを入れてポケットを2つに分割したり、ポケット口にスナップをつけてもいいと思います。

6、ファスナーをつける

(1)まず、表布と裏布がずれないにようします。
表布と裏布を外表に合わせて周りを粗くミシンをかけます。端から5ミリぐらいのところを縫います。

外表にあわせます。
表布と裏布がずれないように、ぐるっと一周、縫い合わせておきます。

■表布にタグなどを縫いつける場合は、表布と裏布を縫い合わせる前に縫っておきます。

(2)ポーチの口になる部分にバイアステープをつけます。まず、裏からバイアステープを縫い付けます。

(3)表に返して、バイアステープでポーチ本体の生地端をくるみます。
細かくマチ針を打つか、しつけをするか、両面接着テープを貼るなどして、バイアステープを固定します。
ここでは、しつけをしました。

(4)次にファスナーを縫い付けるのですが、ファスナーはバイアステープの端から5ミリ出して、固定します。固定するために、マチ針を打つかしつけをするか両面接着テープを貼るか、、、などします。
ここでは、両面接着テープを貼って、しっかりと固定しました。