チューリップバッグの作り方

●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、表布を裁断する
3、裏布を裁断し、印を入れる
4、接着芯を裁断し、貼る
5、表布に印を入れる
6、内ポケットを作る
7、バッグ本体の表布を縫う
8、Dカン付け布を縫う
9、バッグ本体の裏布を縫う
10、表布と裏布を縫い合わせる
11、開閉部分を作る


1、パターンを切る

Peachmadeのパターンにはすでに縫い代がふくまれていますので、実線通りに切ります。

バッグ本体は2枚にわかれていますので、貼りあわせてください。

2、表布を裁断する

■ 重要なポイント!■

「バッグ本体」のパターンは左右対称ではありません。
よって、裁断時の布の向き(表裏)が非常に重要なポイントになります。
下の説明をよくご覧になり、間違いのないように裁断してください。

(1) 表布の表面を上にしておき、裁断します。

■この段階ではまだ合印に印は入れません。接着芯を貼ってから、印を入れます。

3、裏布を裁断し、印を入れる

(1)「バッグ本体」の裏布を裁断します。表布とは全く逆で、布の表面を下(裏面を上)にしておき裁断します。

(2)合印にノッチ(2〜3ミリの切り込み)を入れます。

右のマークがある箇所にノッチを入れてください。入れる箇所は、「バッグ本体」に6箇所あります。

(3)ポケットつけ位置に印をつけます。
しつけ糸で+に縫い、糸を短く切り、パターンをはずします。

■パターンをはずした後、アイロンで軽くおさえておくと、糸が抜けにくくなります。

(4)内ポケット、Dカンつけ布を裁断します。
内ポケットの「わ」の部分は、布を半分に折り、その折り目にそってパターンを置き裁断します。

■「バッグ本体」のように布の表面、裏面を特に意識する必要はありません。

4、接着芯を裁断し、貼る

接着芯は「バッグ本体」のパターンを使って裁断するのですが、ここでも、接着芯の表面、裏面の向きに気をつけてください

(1)カバン用接着芯は接着面(ざらざらした面)を上にして置いて裁断してください。

(2)両面接着シートも接着面を上(剥離紙を下)にしておいて裁断してください。

※カバン用接着芯が上手に貼れる場合は、両面接着シートを使う必要はありません

(topics 02「接着芯の貼り方のコツ その2」をご参照ください)

(3)「バッグ本体」の表布の裏面に両面接着シートを貼り、その後カバン用接着芯を貼ります。

5、表布に印を入れる

ここでようやく表布の合印に印をいれます。
表布の上に再度パターンを置き、ノッチ(2〜3ミリの切り込み)を入れます。
ノッチを入れる箇所は6箇所です。