ドロップバッグの作り方

■ドロップバッグは肩からかけられるハンドバッグ型(パターンPA11)とトートバッグ型(パターンPA12)の2タイプあります。
作り方は同じです。ここでは、ハンドバッグ型のパターンを使って作り方をご紹介していきます。

■このバッグの一番のポイントは2種類の表布を縫い合わせるところです。カーブがきついので、縫い合わせるのは少し難しいかもしれません。でも綺麗に縫えるコツをいくつかご紹介しています。
ハンドバッグ型とトートバッグ型を比べると、トートバッグ型の方がカーブがゆるめです。その分縫いやすくなります。初心者の方で上手に縫えるか不安な方や、どちらから作ろうか迷ってらっしゃる方はトートバッグ型からお作りになるのがいいかと思います。
この表布のカーブの部分は、洋服の袖付けをしたことがある方なら縫えます。また言い換えれば、このバッグのカーブが縫うことが出来れば、袖付けもすいすいクリアです。ソーイングをしていく上で、「カーブを縫う」ことは避けては通れません。ぜひこの機会にチャレンジしてレベルアップにつなげていただけたらと思います。

ハンドバッグ型
トートバッグ型

●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、表布を裁断する
3、裏布を裁断し、印を入れる
4、接着芯を裁断し、貼る
5、表布に印を入れる
6、「表布A」と「表布B」を縫い合わせる
7、「表布B」のダーツを縫う
8、表布を縫い合わせる
9、Dカンつけ布を縫う
10、ポケットをつける
11、マグネットボタンをつける
12、「バッグ裏布」のダーツを縫う
13、「バッグ裏布」を縫い合わせる
14、「表布」と「裏布」を縫い合わせる


1、パターンを切る

Peachmadeのパターンにはすでに縫い代がふくまれていますので、実線通りに切ります。

2、表布を裁断する

「表布A」2枚、「表布B」2枚、「Dカンつけ布」1枚を裁断します。
私はいつもロータリーカッターを使用しています。ずれにくくて便利です。

■わの部分は布を半分に折り、その折り目にそってパターンを置きます。

※この段階ではまだ合印に印は入れません。
接着芯を貼ってから、印を入れます。

3、バッグ裏布を裁断し、印を入れる

(1)「バッグ裏布」2枚を裁断します。

(2)合印にノッチ(2〜3ミリの切り込み)を入れます。

右のマークがある箇所にノッチを入れてください。入れる箇所は、8箇所あります。

(3)ダーツの縫い止まり位置(パターン上では、●の印があるところ)に印を入れるのですが、印の入れ方には色々な方法があります。ここでは目打ちとチャコペンを使います。

まず、●印に目打ちを突き刺します。

(4)パターンをめくると生地に小さな穴があいているのが分かります。

さらにバッグ裏布を1枚めくります。穴が2箇所あいています。

あいた穴にチャコペンで十字に印を入れます。
全部で6箇所に入れます。

※ここでは分かりやすいように、ボールペンで印を入れています

(5)「マグネットボタン付け位置」と「ポケット付け位置」に印をつけます。

 印の付け方は、topics08「トートバッグの作り方」をご参照ください

■「バッグ裏布」は2枚ありますが、「ポケット付け位置」の印のみ、どちらか1枚だけにつけてください。(ポケットは片面にしか付けないので)

(6)「ポケット」を裁断します。

わの部分は、布を半分に折り、その折り目にそってパターンを置き裁断します。

4、接着芯を裁断し、貼る

カバン用接着芯は、表布A、表布B、マグネットボタンつけ位置周辺、ポケットの口部分に貼ります。
■「Dカン付け布」が薄い生地の場合は、「Dカン付け布」の裏にも貼った方がいいでしょう。
■トートバッグ型は92cm幅であるカバン用接着芯に対してギリギリ一杯の大きさです。パターンの置き方によってはすべてのパーツが取れません。すべてのパーツがきちんと取れるかどうかよく吟味した上で裁断してください。尚、ハンドバッグ型はトートバッグ型に対して小ぶりなため、パターンの置き方にそれほど神経質になる必要はありません。

(1)表布A、表布Bのパターンを使って裁断します。それぞれ2枚ずつ必要です。

(2)マグネットボタンつけ位置周辺用には、4cm×5cmぐらいのものを2枚裁断します。(マグネットボタンをつける際、生地を補強するために貼りますので、接着芯の大きさはアバウトでかまいません)

ポケットの口部分には、1cm×18cmのものを1枚裁断します。
ストレートタイプの伸び止めテープを使ってもかまいません。

■マグネットボタン付け位置周辺用とポケット口部分用のパターンはありません。

(3)両面接着シートも上と同様に裁断してください。

■カバン用接着芯が上手に貼れる場合は、両面接着シートを使う必要はありません。
(topics 02「接着芯の貼り方のコツ その2」をご参照ください)
■マグネットボタン付け位置周辺用とポケット口部分は、面積が狭いので、両面接着シートがなくてもカバン用接着芯を綺麗に貼れることが出来るのではないかな、と思います。なので、私は両面接着シートを使いませんでした。
■トートバッグ型は92cm幅である両面接着シートに対してギリギリ一杯の大きさです。パターンの置き方によってはすべてのパーツが取れません。すべてのパーツがきちんと取れるかどうかよく吟味した上で裁断してください。尚、ハンドバッグ型はトートバッグ型に対して小ぶりなため、パターンの置き方にそれほど神経質になる必要はありません。

(4)「表布A」と「表布B」に両面接着シートを貼り、その後カバン用接着芯を貼ります。

■マグネットボタンつけ位置周辺とポケットの口部分の接着芯は、のちほど貼りますので、ここではまだ貼らずにおいておきます。