検索から来られた方はぜひPeachmadeトップページからどうぞ

壺型がま口バッグの作り方

製作に入る前に、「作り方」を最後までお読み頂き、大まかな流れを把握してください。

●● 手順 ●●

1、パターンを切る
2、表布、裏布、キルトわたを裁断し、印を入れる
3、キルトわたを貼る
4、表袋を作る
5、内ポケットを作る
6、中袋を作る
7、表袋と中袋を縫い合わせる
8、口金をつける
9、リボンを縫い付ける


1、パターンを切る

パターンにはすでに縫い代が含まれています
実線通りに切ります。

※内側の破線は縫うラインを示しています。
※すでに縫い代が含まれていますので、ご自分でさらに縫い代をつける必要はありません。

■ただ今パターンを無料配布中のため、パターンをご自身で切り貼りしていただく必要があります。そのため右の写真とは異なります。
■印刷する際は必ず「ズーム100%」にして、縮小拡大しないようにしてください。

2、表布、裏布、キルトわたを裁断し、印を入れる

(1)「バッグ側面」は、表布、裏布を各2枚、「バッグ正面」は表布、裏布を各2枚、「内ポケット」は裏布1枚を裁断します。

私はいつもロータリーカッターを使用しています。ずれにくくて便利です。

表布
裏布

(2)「バッグ正面」の裏布は2枚ありますが、そのうちの1枚にのみ「ポケット付け位置」に印を入れます。

印の付け方は、topics08「トートバッグの作り方」をご参照ください

(3)キルトわたは、「バッグ側面」と「バッグ正面」のパターン(型紙)を使います。

それぞれ2枚ずつ裁断します。

3、キルトわたを貼る

「バッグ側面」表布と「バッグ正面」表布の裏面にアイロンでキルトわたを貼ります。
ここで使用しているキルト綿は片面に接着剤が付いているタイプです。
接着剤が付いている面を上にして置き、その上に表布の表面を上にしておきます。(接着剤側と表布の裏面がくっつくように)

ココで注意!必ず布側からアイロンをあててください。
キルトわた側からはアイロンをあてないでください。

片面接着のキルトわたがない場合は、表布とキルトわた動かないように縫いとどめておくと作業がしやすいです。

4、表袋を作る

(1)「バッグ正面」2枚を中表に合わせて、底辺を縫います。
このとき、端から端までは縫わないようにします。1cm開けることがポイントです!!

(2)次に「バッグ側面」と縫い合わせます。この時も、底面は端まで縫わないでください。

反対から見たら・・
UP画像

(3)「バッグ側面」のもう1辺を「バッグ正面」と縫い合わせます。

UP画像

(4)もう1枚の「バッグ側面」も同様に「バッグ正面」と縫い合わせます。そうすると袋状になりました。

底から見た場合

(5)縫い代を外側(バッグ側面側)に倒し、ステッチを入れます。これで表袋の完成です。

UP画像

5、内ポケットを作る

(1)中表に二つ折りにして、返し口を残して周囲を縫います。

(2)角をハサミで切り落とします。

(3)返し口から表に返します。
目打ちで角を押し出し、角が直角になるようにします。その後、アイロンで形を整えます。

(4)端から5ミリぐらいのところにステッチを入れます。
■返し口は開いたままでかまいません。