■ 手順 ■

1、パターンを切る
2、布を裁断する
3、印を入れる
4、接着芯を裁断する
5、接着芯を貼る
6、マグネットボタンを取り付ける
7、内ポケットを作る
8、バッグ本体(表)とマチ(表)を縫い合わせる
9、バッグ本体(裏)とマチ(裏)を縫い合わせる
10、Dカン付け布を作る
11、持ち手をバッグ本体につける
12、バッグ本体(表)とバッグ本体(裏)を縫い合わせる
13、バッグ底を仕上げる


1、パターンを切る

Peachmadeのパターンにはすでに1センチの縫い代が含まれています。
実線通りに切ります。

2、布を裁断する

布の上にパターンを置き、裁断します。

3、印を入れる

@ノッチ(2〜3ミリの切り込み)を入れます。
入れる箇所は、バッグ本体(表、裏)の中央、バッグ本体(表)の「持ち手付け位置」、マチ(表、裏)の中央です。

※パターンにはノッチを入れる箇所に印が入っています。

Aバッグ本体(裏)の「マグネットボタン付け位置」と「ポケット付け位置」に糸かチャコで印をつけます。

ここでは糸で印を付ける方法をご紹介します。
1、しつけ糸で+に縫い、糸を長めに残して切ります。

2、パターンを生地からはずし、上側の生地を少し上に引き上げます。

3、しつけ糸を3〜5ミリの長さで切ります(糸を必要以上に長く残しておくと逆に抜けやすいので、短めにカットした方がいいです)

4、表側の糸も同じく3〜5ミリ残して切ります。

5、その後、アイロンでおさえておくと、しつけ糸が抜けにくくなります。